MENU

INDUSTRY-FRONTIER 2020

第1回 画像センシングEXPO

画像センシングEXPOとは

~センシングから解析、データの活用まで~
ものづくりIoTに必要不可欠な
“画像”センシング技術に焦点をあてた専門展示会

クルマの自動運転技術やAI(人工知能)・IoT分野の技術革新に伴い、製造業界において画像センシング技術はもはや欠かせない技術になりました。

またスマートフォンの普及により、画像センシング技術は日々の生活にも浸透し始めています。
今後の5GやAR・MRの技術進展により、日常生活においても欠かせないものになることが見込まれます。

小会ではこれからの画像センシング技術の更なる普及を見据えて、画像センシングに特化した展示会を開催します。

是非ともこの機会に貴社の製品・技術をご出展いただきPRの場としてご活用ください。

開催概要

会 期2020年4月8日(水)~10日(金)の3日間 10:00~17:00
会 場幕張メッセ
主 催一般社団法人日本能率協会
展示規模334社/652ブース(※前回)
来場予定者数32,000名
※同時開催展を含む
入場登録料3,000円(税込)
※WEB事前登録者、「招待状」持参者および学生は無料

出展対象・来場対象

出展対象

  • 入力:画像センシング装置・機器全般
    • カメラ
    • インターフェース
    • 画像イメージングセンサ
    • 撮影用照明 など
  • データ処理
    • 認識システム
      ・OCR(文字認識)
      ・異常行動
      ・顔認証
      ・指紋認証
      ・AI
    • データ処理ソフト など
  • 画像データ保存
    • クラウド
    • ネットワーク
    • 外付けハードディスク
    • 圧縮ソフト など

来場対象

32,000名 (同時開催展含む) のプロフェッショナルが来場予定

自動車、工作機械、精密機械、家電・AV機器、医療・福祉機器等のあらゆる産業・製品に関わる、

  • 物流管理
  • 生産管理
  • 購買・調達
  • システム管理
  • 品質管理
  • 生産技術
  • 経営企画
  • IoT推進担当者
  • 経営者・管理者

INDUSTRY-FRONTIER 2020
お問い合わせ・資料請求はこちらから

2019© Japan Management Association All Rights Reserved.