MENU

INDUSTRY-FRONTIER 2020

第1回 工場内物流最適化EXPO

工場内物流最適化EXPOとは

ものづくりIoTとスマート物流を実現する
機器・設備・システムの総合展

働き方改革に伴う作業の効率化、コストダウン対策、品質向上、リードタイム短縮、確実なトレーサビリティの実施など、生産現場にはより高度な課題や目標が求められ、従来以上に日常の維持・改善活動が重要となっております。

物流面においても、製造から販売に関わる一連のデータの利活用と、サプライチェーン全体の効率性・生産性向上を目指す「スマート物流」への取り組みが始まり、ものづくり企業にとっては、
①「物流データプラットフォーム」開発、②「モノの動き」の見える化、③「商品情報」の見える化
を実現するためのIoTやAIをはじめとした新技術・ツールの活用が利益創出のカギとなってまいりました。
これらの課題を解決するためには、生産現場における物流の変革は不可欠となりますが、まだまだ改善の余地があり、新たなビジネスチャンスにつながる領域ではないでしょうか。

本展では、原材料の調達から製品の出荷まで、工場内の物流を最適化するハード・ソフトを一堂に展示し、国内のあらゆるものづくり企業の関係者に向け情報発信いたします。
是非ともこの機会に、貴社の製品・技術をご出展いただきPRと商談の場としてご活用ください。

開催概要

会 期2020年4月8日(水)~10日(金)の3日間 10:00~17:00
会 場幕張メッセ
主 催一般社団法人日本能率協会
展示規模334社/652ブース(※前回)
来場予定者数32,000名
※同時開催展を含む
入場登録料3,000円(税込)
※WEB事前登録者、「招待状」持参者および学生は無料

出展対象・来場対象

出展対象

  • 仕分けシステム
  • ピッキングシステム
  • 搬送システム
    • コンベヤ
    • パレタイザ/デパレタイザ
    • テーブルリフト
    • クレーン
    • ドックボード
    • チェーンブロック など
  • 包装システム
    • 包装資材
    • 包装機械
    • 包装デザイン/サービス など
  • 保管機器システム
    • 自動倉庫
    • 移動棚
    • 回転棚 など
  • ソフトウェア/管理システム
    • POSシステム
    • EDIシステム
    • CM/SCEM
    • ERP
    • 受発注管理システム
    • 入荷/出荷システム
    • 在庫管理システム
    • 輸送/配車/配送システム
    • 運行管理システム
    • 物流コスト管理システム
    • 流通加工支援システム
    • 管理分析システム
    • ITS/移動体通信システム
    • 求車求荷システム
    • 情報セキュリティシステム
    • その他
  • 運搬/作業車両
    • フォークリフト
    • 無人搬送車(AGV)
    • 台車
    • キャスタ
    • アタッチメント
    • その他
  • 情報機器
    • ICタグ(RFID)
    • バーコード
    • IDシステム
    • センサ
    • プリンタ
    • スキャナ
    • ラベリングシステム など
  • 安全管理
    • 耐震/免震/制震器具
    • 転倒防止器具 など
  • 物流業務支援製品・サービス
  • 保管・輸送サービス
  • サードパーティロジスティクス
  • エンジニアリング・コンサルティング

来場対象

32,000名 (同時開催展含む) のプロフェッショナルが来場予定

自動車、工作機械、精密機械、家電・AV機器、医療・福祉機器等のあらゆる産業・製品に関わる、

  • 物流管理
  • 生産管理
  • 購買・調達
  • システム管理
  • 品質管理
  • 生産技術
  • 経営企画
  • IoT推進担当者
  • 経営者・管理者

「国際物流総合展」「ものづくり総合大会」「第一線監督者の集い」等の“日本のものづくりを牽引する”日本能率協会主催の催しの参加者をはじめ、ものづくりと物流に携わる、第一線のプロフェッショナルを多数動員します!!

INDUSTRY-FRONTIER 2020
お問い合わせ・資料請求はこちらから

2019© Japan Management Association All Rights Reserved.