MENU

INDUSTRY-FRONTIER 2020

第1回 電子部品用材料展

電子部品用材料展とは

未来を創る機能性材料の進化

あらゆる製品・部品は材料無くして成立はせず、材料の特性・性質はその製品・部品の品質・コスト・加工納期に大きく影響します。そのため未来の新機能性材料が開発・発表されると、爆発的に普及する傾向にあります。

普及によるQ・C・Dのメリット以外にも、軽量化や加工性の良さにより取り扱いが容易となる等エンジニアにとってのメリットも多くあります。

本展は電子部品・各種機械・自動車などの製品開発に不可欠な要素技術・対策技術の集合体としてエンジニアから高い評価を得ている「TECHNO-FRONTIER」と同時開催のため、電子部品や各種機械・自動車に携わるエンジニアが1万名程来場します。

貴社の優れた機能性材料の情報発信の場としてご活用ください。

開催概要

会 期2020年4月8日(水)~10日(金)の3日間 10:00~17:00
会 場幕張メッセ
主 催一般社団法人日本能率協会
展示規模334社/652ブース(※前回)
来場予定者数32,000名
※同時開催展を含む
入場登録料3,000円(税込)
※WEB事前登録者、「招待状」持参者および学生は無料

出展対象・来場対象

出展対象

  • 絶縁体
    • セラミック基板
    • アルミナ基板
    • セメント
    • ゴム
    • エボナイト
    • ガラス 等
  • 受動部品
    • 水晶
    • 陽極箔・陰極箔材料
    • セパレータ紙
    • 電解液
    • 抵抗体
    • 外装材 等
  • 回路
    • リード線
    • はんだ材
    • プリント基板材 等
  • ナノマテリアル
    • 単層・複層カーボンナノチューブ
    • カーボンブラック
    • 酸化亜鉛
    • デンドリマー
    • カーボンナノファイバー
    • 量子ドット
    • フラーレン 等 

この他、電子部品用材料に関するあらゆる技術・機器・サービスの出展を募集いたします。

来場対象

32,000名 (同時開催展含む) のプロフェッショナルが来場予定

メーカー:

  • 開発・研究
  • 設計
  • 生産技術
  • 製造エンジニア

等の方々

ユーザー:

  • 電子部品・電子機器
  • 産業機器
  • 航空宇宙・医療機器
  • FA
  • 自動車
  • 電装

等の方々

「TECHNO-FRONTIER 技術シンポジウム」「ものづくり総合大会」「第一線監督者の集い」等の“日本のものづくりを牽引する”日本能率協会主催の催しの参加者をはじめ、第一線のプロフェッショナルを多数動員します!!

INDUSTRY-FRONTIER 2020
お問い合わせ・資料請求はこちらから

2019© Japan Management Association All Rights Reserved.